2007年08月06日

求人求職の情報

海外輸出に関わる企業や素材関連企業などを中心に過去最高益を出す数多く現れるなど、日本の経済は着実に回復しつつあるといわれています。

これに加え、団塊の世代の大量退職、少子化による新卒世代の大幅減少が加わり、今、平成不況のあおりを受けた就職氷河期はどこへやら、驚異的な人手不足が発生しているとのことです。

大手企業はもちろんのことですが、大手企業の採用増の影響で、中小企業までなかなか人手を確保できず、事業に支障が出る事態にまでなっています。逆にいうと、働きたいと思っている人には、今ほど簡単に就職できるチャンスが増えている時代はないといっていいかもしれません。

しかし、こういう時代だからこそ、逆に就職先は慎重に選ばなくてはなりません。バブル景気華やかなしり頃に何も考えずに就職した人は、その後不況になると、使えない世代などと馬鹿にされると同時に、終身雇用・年功序列制度の崩壊などの環境の変化も手伝って、うつ病などの心の病を抱える人が増えているといいます。状況が良いときほど、よく考えて働く先は考える必要があるといえそうです。

多くの人は就職先を探すとき、単純に会社の知名度や、待遇など目先の情報だけで探しがちです。しかし、本当に重要なのは、自分が成長できるのか、その会社が確実に成功していけるのか、職場の人間関係は、などといったことだったりします。こういった部分はそれなりに真剣に研究しないと見えてこない部分だったりしますので、注意が必要だといえるでしょう。

下の情報などを参考にしながら、働く先はよく考えて決めましょう。それが人生を充実させていくためにも重要なポイントだと思います。


求人情報
求人情報1
求人情報2
求人情報3
求人情報4
ラベル:求人 求職
posted by comparison at 09:35| 情報3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。