2007年08月22日

宅建試験の情報

不動産を不特定多数の人と売買したり、賃貸を仲介したりするためには、宅地建物取引主任者の資格をもつ必要があります。

しかも、法律で一つの事務所につき、社員5人に1人は資格をもっていなくてはならないので、宅地建物取引主任者試験の合格者は非常に貴重な存在であったりもします。

しかし、宅建の試験に合格する人間は、毎年20万人ほどが受けて3万人程度(15%〜20%)。しかも、試験は1年に1回しか行われません。民法から宅建業法、建築関係の法律、国土利用計画法などの各種規制まで範囲も広く、意外と難しい試験だったりするわけです・・・。

いったい合格するためには何が重要なのでしょうか?
宅建資格を見事取得し、不動産の販売や賃貸の仲介を行えるようになるためには、何が必要なのでしょうか?

その答えを知るためには、多くの人が宅建試験合格を目指して、実際に何を行っているのかを知っておくと良いと思います。

下にそれらの情報を集めてみましたので、これらを参考にして、合格への近道を探ってみることにしましょう。


宅建試験の情報9
宅建試験の情報10
宅建試験の情報!11
宅建試験の情報!12
ラベル:宅建試験
posted by comparison at 07:05| 情報3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。