2007年08月22日

セキュリティ対策の情報

セキュリティ対策に力を入れる企業が増えています。

ハッカーによってホームページが改ざんされたり、個人情報や顧客の情報が外部に流出したりすると、その企業にとってはもちろんのこと、流出した情報の本人にまでダメージが及び、場合によっては数十億・数百億の損害となることさえあります。そのため、デジタル化が確実に進む現代においては、必要なコストとして、セキュリティ対策を徹底する企業が増えているとのことです。

一般に個人情報の流出は、システム的なものと、人的なものの、二つの要因によって発生すると言われています。

システム的な要因とは、サーバーやルーターなどに必要なセキュリティ対策を施していなかったとか、ウィルス対策ソフトを導入していなかったり、常にバージョンアップをしていなかったために、情報が流出してしまう現象のことを言います。これらを防ぐためには、ソフトやネットワークの監視サービスを導入する必要があるとのことです。

人的な要因とは、社内の人間やシステムを作った人間が勝手に情報をコピーして外に持ち出したり、ノートパソコンなどを外で紛失したりして、情報が外部に流出してしまう現象を言います。これを防ぐためには、重要な情報は外に持ち出さないようにする、権限のないものが自分と関係のないファイルにアクセスできないようにする、情報を外に持ち出す必要があるときには常にパスワードなどのロックをかける、といったシステム的な対策と同時に、本人達のセキュリティ意識を向上させるためのセミナーなどを頻繁に開いたりする必要があるようです。

下の情報などを参考にしながら、セキュリティ対策は徹底的に行いましょう。
さもないと、軽い気持ちで行ったことが、とてつもない損害をもたらすことになるかもしれませんから・・。


セキュリティ対策の情報9
セキュリティ対策の情報10
セキュリティ対策の情報11
セキュリティ対策の情報12
posted by comparison at 07:08| 情報3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。