2007年04月26日

レーシックって本当に良いの?

レーシック(LASIK)とは、医療用レーザーの一つであるエキシマレーザーというものを使用して視力矯正を行う手術のことです。




具体的にはエキシマレーザーというレーザー装置を使い目の角膜を削ることによって角膜の歪みを矯正し、裸眼での視力を回復させます。




他の視力矯正手術に比べ、痛みが少なく、優れた矯正効果が得られるということで米国をはじめとする世界各国で一般的に普及するようになりました。




もちろん、他の手術と同様、レーシック手術も失敗や術後の経過が良くなく悪化する場合があります。が、日々、技術も進歩しており、治療を受ける人は年々増えているようです。特に翌日には目標とする視力にまでほぼ回復するので、日常生活にも大きな支障をきたすこともあまりありません。この大きなメリットは、レーシック治療を受ける人の急増の大きな要因となっているようです。






「レーシックって本当に良いの?」の続きはこちら
ラベル:レーシック
posted by comparison at 22:08| 視力回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。