2007年07月24日

中国株・インド株などの情報

インターネット取引によって手数料が劇的に下がった結果、多くの人が参加するようになった株式投資。
最近は、日本の株だけでなく、経済成長著しい中国やインド、ベトナムといった企業の株さえも買えるようになりつつあります。


株式投資でしっかりと利益を上げるために必要なこと。それは、結局のところ、「情報」と「分析力」といえるでしょう。

より多くの情報を手に入れ、それらをきちんと分析することができれば、大儲けすることはあっても、大損する可能性は少なくなります。逆に情報不足で、しかも勢いだけで買えば、まず大損する可能性は高まっても、儲かる可能性はきわめて低くなるといえるでしょう。

新興国への投資はリターンも大きい変わりに、リスクも大きい投資です。ささいなことで暴落する可能性もあります。

いかに正確な情報をつかみ、しっかりと分析できるか?それが重要です。

より多くの情報をつかみ、財産を着実に増やしていきましょう!


中国株・インド株などの情報5
中国株・インド株などの情報6
中国株・インド株などの情報7
中国株・インド株などの情報8
ラベル:中国株 インド株
posted by comparison at 09:33| 情報3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自動車保険の情報

自動車を購入すれば、まずほとんどの人が自賠責保険以外に自動車保険に加入することになります。

しかし、最近の保険はオプションや特約などが増えすぎて複雑になっているため、わかりにくくなっていると言われています。しかも、保険会社がそれをいいことに不払いを行っていたことがニュースにもなったので、不信感を感じる人が増え、ますますどれを選んでいいのかわからなくなっている人も少なくないようです。

保険会社に都合の良い保険ではなく、万が一のときに自分にとって最も良い保険を選ぶために重要なこと。それは、自分自身が保険について学ぶことだといえるでしょう。しっかりと自分自身が理解していれば、問題が起こったときにも、スムーズに処理できるし、無駄な出費を抑えることが出来るのではないかと思います。

下の情報などを参考にしながら、どの保険会社を選ぶのが良いのか、契約を見直すとどれぐらい安く出来るのか、といったことを勉強しましょう。それが、自分の身を守るためには、やはり重要なことだといえそうです。


自動車保険の情報5
自動車保険の情報6
自動車保険の情報7
自動車保険の情報8
ラベル:自動車保険
posted by comparison at 09:32| 情報3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内職・副業の情報

終身雇用が崩れ、年功序列もなくなる時代。給料も上がらず、いつリストラされるかわからない状況の中、本業とは別の収入源を持ちたい、という人が増えています。

また、最近の傾向としては、「生活に困っているから」とか、「少しでも収入を増やしたい」いう切実な理由だけではなく、「将来起業するため」だとか、「会社の仕事とは別に自己実現・自己表現をする手段を持ちたい」という理由で副業を始めたいと考えている人も増えているようです。

今はインターネットがあるので月数万ぐらいなら意外と簡単に稼ぐことが出来ます。また、趣味のお菓子作りや編み物などを続けているうちに、給料を超える額の収入を得る人もいます。副収入を得ることは以前よりも断然簡単になっていることだけは間違いないようです。

しかし!

一方で内職詐欺などによって稼ぐどころか、お金を取られてしまう人もいます。また、アフィリエイト広告などで稼ごうとしたけれど、手間の割りに月5千円も稼げていない人も少なくなかったりします。副業もよくよく頭を使わないと、苦労ばかり多くて実にならないことが少なくないようです。

それを防ぐためには、やはり、内職や副業もなんとなく始めるのではなく、自分で起業するぐらいの覚悟を持って取り組むと効果的だといえるでしょう。それぐらい高い意識を持って取り組めば、良い結果を得ることが出来るのではないでしょうか。

下の情報などを参考によく研究した上で、内職や副業は始めましょう。それが生活を豊かにするための重要な一歩であると思います。


内職の情報5
内職の情報6
内職の情報7
内職の情報8


副業の情報5
副業の情報6
副業の情報7
副業の情報8
ラベル:内職 副業
posted by comparison at 09:30| 情報3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住宅ローンの情報

「いつかは自分の家(城)を持ちたい!」

こう考えている人は多いと思います。結婚したり、家族が出来たりしたときはもちろんのこと、最近は自分の存在証明?のために、家を持ちたいと思っている人も増えているとのことです。

しかし、当然のことながら、一括でポンと家を買える人など極めて一握りしか存在していないので、ほとんどの人は、銀行や国民金融公庫などの金融機関からお金を借りて家を建てたり、買ったりすることになるでしょう。

しかし、このお金を借りるという行為は、非常に慎重に、かつ、冷静に行う必要があります。なぜなら、金額が大きすぎてついつい感覚が麻痺してしまうことがあるからです。

例えば、家を買うために、3000万円を年3%の利率で30年返済で借りると、最終的に元本を含めて6000万近い金額を払うことになります。借りたお金の倍近い金額を払うことになるわけですが、ついつい多くの人は目先の金利分にのみ目が行ってしまい、こういったことを見逃してしまうことがあります。

全体像を捉えずにお金を借りると、後で苦労することになるのは珍しくないことなので、この辺は極めて注意が必要なのです!

そういったことを避けるためにも、お金を借りる際にはよくよく知識を蓄えて準備をした上でことに臨むほうが良いでしょう。

下の情報などを参考にしながら、よく勉強した上でローン等は利用すれば、より豊かな生活を送ることにつながるのではないか、と思います。


住宅ローンの情報5
住宅ローンの情報6
住宅ローンの情報7
住宅ローンの情報8
ラベル:住宅ローン
posted by comparison at 09:29| 情報3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託の情報

投資信託に今、熱い注目が集まっています。特に団塊の世代が定年を迎えて大量退職を始めるため、退職金などの大きなお金が老後の人生設計のために、投信信託に振り向けられることが急激に増えているとのことです。

しかし、ご存知のように、日本で売られている投信信託の多くは世界トップクラスの運用成績をあげている投資信託をAクラスとすると、D・Eクラスのかなりレベルの低いものが多いと言われています。しかも、管理手数料だけでなく販売手数料をとるタイプのものも多く、金融機関にとってだけ都合がよく、投資した人にとっては全く役に立たないものが少なくないのが実情だと言われています。

つまり、「投資はプロに任せてください」という文言もほとんどの場合は、「投資初心者のあなた達は騙されて、私達にどんどん貢いで下さい。」となっていることが少なくない、ということです。

それを避けるためには、株式投資や不動産投資と同様に、投資信託に関してもしっかり勉強する必要があるでしょう。さもないと、資産を増やすどころか、大幅に目減りすることになってしまうかもしれません。

また最近は、日本だけでなく、新興国を対象にした投資信託も増えています。BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)のほか、ベトナムやフィリピン、オーストラリア、南アフリカ、インドネシア、トルコ、アルゼンチンといった成長著しい国々を対象にした投資信託が増えていますが、こういったファンドはリターンが大きい変わりに、リスクも高いのでより注意深く選ぶ必要があります。

また、急にお金が必要になって投資信託をお金に変える場合にも、買取請求にするか解約請求にするかで税金面などに差が生じるなど、制度的な面でも知っておかなくてはならないこともあります。

上場投資信託(ETF)とか、不動産投資信託(REIT)とか、エコファンドのようなテーマ別の投資信託とか、外国債券型投信だとか、投資信託にもいろいろありますが、下の情報などを参考によく勉強して、投資信託についてはよく知っておく必要があることだけは間違いないといえるでしょう。


投資信託の情報5
投資信託の情報6
投資信託の情報7
投資信託の情報8
ラベル:投資信託
posted by comparison at 09:28| 情報3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシックの情報

レーシック(LASIK)とは、医療用レーザーの一つであるエキシマレーザーというものを使用して視力矯正を行う手術のことです。

具体的にはエキシマレーザーというレーザー装置を使い目の角膜を削ることによって角膜の歪みを矯正し、裸眼での視力を回復させます。

他の視力矯正手術に比べ、痛みが少なく、優れた矯正効果が得られるということで米国をはじめとする世界各国で一般的に普及するようになりました。

もちろん、他の手術と同様、レーシック手術も失敗や術後の経過が良くなく悪化する場合があります。視力が悪すぎる場合や、涙の分泌量が少ない人は手術を受けられない場合もあります。が、日々、技術も進歩しており、治療を受ける人は年々増えているようです。

特に翌日には目標とする視力にまでほぼ回復するので、日常生活にも大きな支障をきたすこともあまりありません。この大きなメリットは、レーシック治療を受ける人の急増の大きな要因となっているようです。


レーシックの情報5
レーシックの情報6
レーシックの情報7
レーシックの情報8
ラベル:レーシック
posted by comparison at 09:26| 情報3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

育毛の情報

今、成人の4人に1人が抜け毛や薄毛、はげといった症状に悩み、コンプレックスを感じているといわれています。しかも、男性だけではなく女性もまた同様に同じ悩みを持っている人が急増しているのだそうです。

そこで何らかの対策が必要になるわけですが、調べてみると、その対策方法としては大きく分けて、「かつらを作る」「育毛(発毛)技術によって、髪を再び生やす」「髪の毛を直接植えつける(植毛・増毛)」の3つのパターンがあるようです。

以前は、アデランスやアートネイチャーなどといった会社が提供する「かつら」による解決策が一般的でした。しかし、「ヅラ」といって馬鹿にされたり、頭にかぶりものをしていることで頭が蒸れるといった問題点などもあり、この方法は最善の策とはいえませんでした。

そのため、最近は直接髪の毛を皮膚に植えつける植毛技術を使ったり、生活習慣の改善や育毛剤などを使った総合的な治療で再び髪の毛を生やす育毛・発毛などが主流になりつつあるようです。この方法の方が、たしかに外から見ても自然に見えるし、変に頭に負担を与えることも無いので効果が高いようです。

リアップなどの育毛剤が売り出されたり、リーブ21のような育毛専門の企業が話題になるなど、この分野には今、多くの悩める人たちから熱い視線が注がれています。

育毛の情報5
育毛の情報6
育毛の情報7
育毛の情報8
posted by comparison at 09:25| 情報3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

外国為替証拠金取引(FX)の情報

今、外国為替証拠金取引(foreign exchange:FX)に注目が集まっています。

というのも、普通の主婦がこの外国為替証拠金取引によって数億円を稼ぎ、それを申告しなかったために脱税で検挙されるという事件が起こったからです。

銀行金利などもまだまだ低い状況が続いている今、多少なりとも元手があれば、大きく増やすことが出来るチャンスもあるということで、この外国為替証拠金取引(FX)に注目が集まっているようです。

外為取引は、先物取引などと同様、非常にハイリスク・ハイリターンの取引といえます。例えば、元手が100万ほどあれば、実際にはその10倍の1000万程度の取引を行うことが出来ます。そのため、儲かるときは一気に儲かります。しかし、自分の予想とは反対の方向に為替が動いたときは、大きな損失をこうむるため、かなり注意が必要な取引だといえるでしょう。

初心者でも稼ぐためには、情報をしっかり集め、よくよく勉強する必要があると思います。

下にそれらの情報を集めてみましたので、これらの情報を元にしっかり勉強した上で、取引を行った方が良いといえるでしょう。


外国為替証拠金取引(FX)の情報5
外国為替証拠金取引(FX)の情報6
外国為替証拠金取引(FX)の情報7
外国為替証拠金取引(FX)の情報8

posted by comparison at 10:33| 情報3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経費削減・コスト削減の情報

企業が利益を増やすための方法。

それは、究極的には、「売上を増やす」か、「コストを減らす」かの2つしかないと言われています。

競争がますます激しくなる時代において、売上を右肩上がりに増やしていくのはますます難しくなっています。よって、コスト削減・経費削減の方をよりしっかりと行っていく必要があります。が、もうすでにやりつくされたように見えるこのコスト削減も、実は専門家などが見れば、まだまだしっかりとやっていない企業は珍しくないのだとのことです。

例えば、電話ひとつとってもIP電話に変更すれば、かなり通信費を抑えることが出来ます。ところが、「なんか難しそう」「面倒くさい」などといった理由で、昔のまま放置している会社はまだまだたくさんあります。

また、保険料やリース料などを、昔結んだ契約のまま放置しているため、必要のない経費を払ったりしていることも少なくないとのことです。

また省電力コンサルタントに依頼すれば、空調や照明などで無駄に使われている電力を減らしてくれるのですが、そういうところにまで気を回している会社はまだほんの一部しかありません。

社員の昇給や賞与の支給も4〜6月ではなく、7月以降に行えば社会保険料を節約できることは、知っている人にとっては当たり前のことですが、それを知らずに余分なお金を払う企業はまだまだたくさんあるとのことです。

つまり、まだまだコスト削減を行う余地はたくさんあるということです!

コスト削減といわれると、すぐに人件費を減らすことばかり考える経営者もいますが、そういったことの前に、果敢にコスト削減・経費削減に取り組んでいる他の企業の例などを参考にして、当然減らすべき経費を減らすことに取り込むことの方が、まずは重要なのではないかと思います。


経費削減・コスト削減6
経費削減・コスト削減7
経費削減・コスト削減8
経費削減・コスト削減9
経費削減・コスト削減10
ラベル:経費削減
posted by comparison at 10:31| 情報3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。