2007年07月14日

内職起業・副業起業で副収入!

終身雇用が崩れ、年功序列もなくなる時代。給料も上がらず、いつリストラされるかわからない状況の中、本業とは別の収入源を持ちたい、という人が増えています。

また、最近の傾向としては、「生活に困っているから」とか、「少しでも収入を増やしたい」いう切実な理由だけではなく、「将来起業するため」だとか、「会社の仕事とは別に自己実現・自己表現をする手段を持ちたい」という理由で副業を始めたいと考えている人も増えているようです。

今はインターネットがあるので月数万ぐらいなら意外と簡単に稼ぐことが出来ます。また、趣味のお菓子作りや編み物などを続けているうちに、給料を超える額の収入を得る人もいます。副収入を得ることは以前よりも断然簡単になっていることだけは間違いないようです。

しかし!

一方で内職詐欺などによって稼ぐどころか、お金を取られてしまう人もいます。また、アフィリエイト広告などで稼ごうとしたけれど、手間の割りに月5千円も稼げていない人も少なくなかったりします。副業もよくよく頭を使わないと、苦労ばかり多くて実にならないことが少なくないようです。

それを防ぐためには、やはり、内職や副業もなんとなく始めるのではなく、自分で起業するぐらいの覚悟を持って取り組むと効果的だといえるでしょう。それぐらい高い意識を持って取り組めば、良い結果を得ることが出来るのではないでしょうか。

下の情報などを参考によく研究した上で、内職や副業は始めましょう。それが生活を豊かにするための重要な一歩であると思います。


内職起業・副業起業で副収入!の情報5
内職起業・副業起業で副収入!の情報6
内職起業・副業起業で副収入!の情報7
内職起業・副業起業で副収入!の情報8
ラベル:内職 副業
posted by comparison at 10:29| 情報3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国株・インド株などの情報

インターネット取引によって手数料が劇的に下がった結果、多くの人が参加するようになった株式投資。
最近は、日本の株だけでなく、経済成長著しい中国やインド、ベトナムといった企業の株さえも買えるようになりつつあります。


株式投資でしっかりと利益を上げるために必要なこと。それは、結局のところ、「情報」と「分析力」といえるでしょう。

より多くの情報を手に入れ、それらをきちんと分析することができれば、大儲けすることはあっても、大損する可能性は少なくなります。逆に情報不足で、しかも勢いだけで買えば、まず大損する可能性は高まっても、儲かる可能性はきわめて低くなるといえるでしょう。

新興国への投資はリターンも大きい変わりに、リスクも大きい投資です。ささいなことで暴落する可能性もあります。

いかに正確な情報をつかみ、しっかりと分析できるか?それが重要です。

より多くの情報をつかみ、財産を着実に増やしていきましょう!



中国株・インド株などの情報5
中国株・インド株などの情報6
中国株・インド株などの情報7
中国株・インド株などの情報8
ラベル:中国株 インド株
posted by comparison at 10:27| 情報3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託の情報

投資信託に今、熱い注目が集まっています。特に団塊の世代が定年を迎えて大量退職を始めるため、退職金などの大きなお金が老後の人生設計のために、投信信託に振り向けられることが急激に増えているとのことです。

しかし、ご存知のように、日本で売られている投信信託の多くは世界トップクラスの運用成績をあげている投資信託をAクラスとすると、D・Eクラスのかなりレベルの低いものが多いと言われています。しかも、管理手数料だけでなく販売手数料をとるタイプのものも多く、金融機関にとってだけ都合がよく、投資した人にとっては全く役に立たないものが少なくないのが実情だと言われています。

つまり、「投資はプロに任せてください」という文言もほとんどの場合は、「投資初心者のあなた達は騙されて、私達にどんどん貢いで下さい。」となっていることが少なくない、ということです。

それを避けるためには、株式投資や不動産投資と同様に、投資信託に関してもしっかり勉強する必要があるでしょう。さもないと、資産を増やすどころか、大幅に目減りすることになってしまうかもしれません。

また最近は、日本だけでなく、新興国を対象にした投資信託も増えています。BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)のほか、ベトナムやフィリピン、オーストラリア、南アフリカ、インドネシア、トルコ、アルゼンチンといった成長著しい国々を対象にした投資信託が増えていますが、こういったファンドはリターンが大きい変わりに、リスクも高いのでより注意深く選ぶ必要があります。

また、急にお金が必要になって投資信託をお金に変える場合にも、買取請求にするか解約請求にするかで税金面などに差が生じるなど、制度的な面でも知っておかなくてはならないこともあります。

上場投資信託(ETF)とか、不動産投資信託(REIT)とか、エコファンドのようなテーマ別の投資信託とか、外国債券型投信だとか、投資信託にもいろいろありますが、下の情報などを参考によく勉強して、投資信託についてはよく知っておく必要があることだけは間違いないといえるでしょう。


投資信託の情報2
投資信託の情報4
投資信託の情報33
投資信託の情報47
投資信託の情報51
投資信託の情報55


ラベル:投資信託
posted by comparison at 10:21| 情報3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

液晶テレビ・プラズマテレビの情報

薄型テレビを購入する人が増えています。

すでに普及しつくたように見えるテレビも、いまだ年間1000万台以上が日本国内だけで販売されています(まだ1人1台が達成されていないパソコンでさえ年間販売台数は900万台前後だとか)。この内訳に占める薄型テレビの割合は、価格の低下なども手伝い、年々高まっているということです。

薄型テレビといえば、液晶テレビとプラズマテレビの2つのタイプが有名です(リアプロジェクションTVというのもありますが、まだあまり普及していません)。以前は低価格・小型でキレイな画面と言えば液晶、大型化する場合はプラズマテレビでないとダメだ、といわれていました。ところが、進歩の著しい技術革新によって、液晶テレビを大型化することもできるようになる一方で、コストがかかる分、高い価格に設定しなければならなかったプラズマテレビの値段も急速に下がりました。現在、両者の差はわからないぐらいに縮まっているようです。

バイデザインやユニデン、ナナオといったメーカーや韓国のサムスン、LG電子といったメーカーが積極的に低価格戦略で攻勢をかけた結果、いまや売れ筋の30インチ前後の薄型テレビは10万円を切る値段にまで下がり、37インチのテレビでさえ、10万円台前半で買えるようになっています。

シャープのAQUOS(アクオス)、パナソニックのVIERA(ビエラ)、日立のWooo(ウー!)、ソニーのBRAVIA(ブラビア)、東芝のREGZA(レグザ)などはこういった低価格機よりも少し値段が高くなっていますが、 知名度やブロンド力の安心感なども手伝い、こちらもかなり売れているようです。

差は無くなりつつあるとはいえ、液晶テレビ・プラズマいずれのテレビを選ぶかは、まだまだ重要事項だといえます。
画質、価格、画面の大きさなどを良く比較する必要があります。

すでに使っている人の情報などをしっかり確認して、自分に合ったものを確実に選ぶことが、賢い消費者になるためには重要なことだといえそうです。


液晶テレビ・プラズマテレビの情報
液晶テレビ・プラズマテレビの情報2
液晶テレビ・プラズマテレビの情報3
液晶テレビ・プラズマテレビの情報4
液晶テレビ・プラズマテレビの情報5
液晶テレビ・プラズマテレビの情報29
液晶テレビ・プラズマテレビの情報33
液晶テレビ・プラズマテレビの情報59

posted by comparison at 22:01| 情報3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託の情報

投資信託に今、熱い注目が集まっています。特に団塊の世代が定年を迎えて大量退職を始めるため、退職金などの大きなお金が老後の人生設計のために、投信信託に振り向けられることが急激に増えているとのことです。

しかし、ご存知のように、日本で売られている投信信託の多くは世界トップクラスの運用成績をあげている投資信託をAクラスとすると、D・Eクラスのかなりレベルの低いものが多いと言われています。しかも、管理手数料だけでなく販売手数料をとるタイプのものも多く、金融機関にとってだけ都合がよく、投資した人にとっては全く役に立たないものが少なくないのが実情だと言われています。

つまり、「投資はプロに任せてください」という文言もほとんどの場合は、「投資初心者のあなた達は騙されて、私達にどんどん貢いで下さい。」となっていることが少なくない、ということです。

それを避けるためには、株式投資や不動産投資と同様に、投資信託に関してもしっかり勉強する必要があるでしょう。さもないと、資産を増やすどころか、大幅に目減りすることになってしまうかもしれません。

また最近は、日本だけでなく、新興国を対象にした投資信託も増えています。BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)のほか、ベトナムやフィリピン、オーストラリア、南アフリカ、インドネシア、トルコ、アルゼンチンといった成長著しい国々を対象にした投資信託が増えていますが、こういったファンドはリターンが大きい変わりに、リスクも高いのでより注意深く選ぶ必要があります。

また、急にお金が必要になって投資信託をお金に変える場合にも、買取請求にするか解約請求にするかで税金面などに差が生じるなど、制度的な面でも知っておかなくてはならないこともあります。

上場投資信託(ETF)とか、不動産投資信託(REIT)とか、エコファンドのようなテーマ別の投資信託とか、外国債券型投信だとか、投資信託にもいろいろありますが、下の情報などを参考によく勉強して、投資信託についてはよく知っておく必要があることだけは間違いないといえるでしょう。

投資信託の情報
投資信託の情報1
投資信託の情報2
投資信託の情報3
投資信託の情報4
投資信託の情報5

ラベル:投資信託
posted by comparison at 21:59| 情報3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外国為替証拠金取引(FX)の情報

今、外国為替証拠金取引(foreign exchange:FX)に注目が集まっています。

というのも、普通の主婦がこの外国為替証拠金取引によって数億円を稼ぎ、それを申告しなかったために脱税で検挙されるという事件が起こったからです。

銀行金利などもまだまだ低い状況が続いている今、多少なりとも元手があれば、大きく増やすことが出来るチャンスもあるということで、この外国為替証拠金取引(FX)に注目が集まっているようです。

外為取引は、先物取引などと同様、非常にハイリスク・ハイリターンの取引といえます。例えば、元手が100万ほどあれば、実際にはその10倍の1000万程度の取引を行うことが出来ます。そのため、儲かるときは一気に儲かります。しかし、自分の予想とは反対の方向に為替が動いたときは、大きな損失をこうむるため、かなり注意が必要な取引だといえるでしょう。

初心者でも稼ぐためには、情報をしっかり集め、よくよく勉強する必要があると思います。

下にそれらの情報を集めてみましたので、これらの情報を元にしっかり勉強した上で、取引を行った方が良いといえるでしょう。


外国為替証拠金取引(FX)の情報
外国為替証拠金取引(FX)の情報1
外国為替証拠金取引(FX)の情報2
外国為替証拠金取引(FX)の情報3
外国為替証拠金取引(FX)の情報4

posted by comparison at 21:58| 情報3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経費削減・コスト削減の情報

企業が利益を増やすための方法。

それは、究極的には、「売上を増やす」か、「コストを減らす」かの2つしかないと言われています。

競争がますます激しくなる時代において、売上を右肩上がりに増やしていくのはますます難しくなっています。よって、コスト削減・経費削減の方をよりしっかりと行っていく必要があります。が、もうすでにやりつくされたように見えるこのコスト削減も、実は専門家などが見れば、まだまだしっかりとやっていない企業は珍しくないのだとのことです。

例えば、電話ひとつとってもIP電話に変更すれば、かなり通信費を抑えることが出来ます。ところが、「なんか難しそう」「面倒くさい」などといった理由で、昔のまま放置している会社はまだまだたくさんあります。

また、保険料やリース料などを、昔結んだ契約のまま放置しているため、必要のない経費を払ったりしていることも少なくないとのことです。

また省電力コンサルタントに依頼すれば、空調や照明などで無駄に使われている電力を減らしてくれるのですが、そういうところにまで気を回している会社はまだほんの一部しかありません。

社員の昇給や賞与の支給も4〜6月ではなく、7月以降に行えば社会保険料を節約できることは、知っている人にとっては当たり前のことですが、それを知らずに余分なお金を払う企業はまだまだたくさんあるとのことです。

つまり、まだまだコスト削減を行う余地はたくさんあるということです!

コスト削減といわれると、すぐに人件費を減らすことばかり考える経営者もいますが、そういったことの前に、果敢にコスト削減・経費削減に取り組んでいる他の企業の例などを参考にして、当然減らすべき経費を減らすことに取り込むことの方が、まずは重要なのではないかと思います。


経費削減・コスト削減
経費削減・コスト削減1
経費削減・コスト削減2
経費削減・コスト削減3
経費削減・コスト削減4
経費削減・コスト削減5
posted by comparison at 21:57| 情報3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住宅ローンの情報

「いつかは自分の家(城)を持ちたい!」

こう考えている人は多いと思います。結婚したり、家族が出来たりしたときはもちろんのこと、最近は自分の存在証明?のために、家を持ちたいと思っている人も増えているとのことです。

しかし、当然のことながら、一括でポンと家を買える人など極めて一握りしか存在していないので、ほとんどの人は、銀行や国民金融公庫などの金融機関からお金を借りて家を建てたり、買ったりすることになるでしょう。

しかし、このお金を借りるという行為は、非常に慎重に、かつ、冷静に行う必要があります。なぜなら、金額が大きすぎてついつい感覚が麻痺してしまうことがあるからです。

例えば、家を買うために、3000万円を年3%の利率で30年返済で借りると、最終的に元本を含めて6000万近い金額を払うことになります。借りたお金の倍近い金額を払うことになるわけですが、ついつい多くの人は目先の金利分にのみ目が行ってしまい、こういったことを見逃してしまうことがあります。

全体像を捉えずにお金を借りると、後で苦労することになるのは珍しくないことなので、この辺は極めて注意が必要なのです!

そういったことを避けるためにも、お金を借りる際にはよくよく知識を蓄えて準備をした上でことに臨むほうが良いでしょう。

下の情報などを参考にしながら、よく勉強した上でローン等は利用すれば、より豊かな生活を送ることにつながるのではないか、と思います。


住宅ローンの情報
住宅ローンの情報1
住宅ローンの情報2
住宅ローンの情報3
住宅ローンの情報4
ラベル:住宅ローン
posted by comparison at 21:56| 情報3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国株・インド株などの情報

インターネット取引によって手数料が劇的に下がった結果、多くの人が参加するようになった株式投資。
最近は、日本の株だけでなく、経済成長著しい中国やインド、ベトナムといった企業の株さえも買えるようになりつつあります。


株式投資でしっかりと利益を上げるために必要なこと。それは、結局のところ、「情報」と「分析力」といえるでしょう。

より多くの情報を手に入れ、それらをきちんと分析することができれば、大儲けすることはあっても、大損する可能性は少なくなります。逆に情報不足で、しかも勢いだけで買えば、まず大損する可能性は高まっても、儲かる可能性はきわめて低くなるといえるでしょう。

新興国への投資はリターンも大きい変わりに、リスクも大きい投資です。ささいなことで暴落する可能性もあります。

いかに正確な情報をつかみ、しっかりと分析できるか?それが重要です。

より多くの情報をつかみ、財産を着実に増やしていきましょう!



中国株・インド株などの情報
中国株・インド株などの情報1
中国株・インド株などの情報2
中国株・インド株などの情報3
中国株・インド株などの情報4
ラベル:中国株 インド株
posted by comparison at 21:55| 情報3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内職起業・副業起業で副収入!

終身雇用が崩れ、年功序列もなくなる時代。給料も上がらず、いつリストラされるかわからない状況の中、本業とは別の収入源を持ちたい、という人が増えています。

また、最近の傾向としては、「生活に困っているから」とか、「少しでも収入を増やしたい」いう切実な理由だけではなく、「将来起業するため」だとか、「会社の仕事とは別に自己実現・自己表現をする手段を持ちたい」という理由で副業を始めたいと考えている人も増えているようです。

今はインターネットがあるので月数万ぐらいなら意外と簡単に稼ぐことが出来ます。また、趣味のお菓子作りや編み物などを続けているうちに、給料を超える額の収入を得る人もいます。副収入を得ることは以前よりも断然簡単になっていることだけは間違いないようです。

しかし!

一方で内職詐欺などによって稼ぐどころか、お金を取られてしまう人もいます。また、アフィリエイト広告などで稼ごうとしたけれど、手間の割りに月5千円も稼げていない人も少なくなかったりします。副業もよくよく頭を使わないと、苦労ばかり多くて実にならないことが少なくないようです。

それを防ぐためには、やはり、内職や副業もなんとなく始めるのではなく、自分で起業するぐらいの覚悟を持って取り組むと効果的だといえるでしょう。それぐらい高い意識を持って取り組めば、良い結果を得ることが出来るのではないでしょうか。

下の情報などを参考によく研究した上で、内職や副業は始めましょう。それが生活を豊かにするための重要な一歩であると思います。


内職起業・副業起業で副収入!の情報
内職起業・副業起業で副収入!の情報1
内職起業・副業起業で副収入!の情報2
内職起業・副業起業で副収入!の情報3
内職起業・副業起業で副収入!の情報4
ラベル:内職 副業
posted by comparison at 21:54| 情報3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中古車を売り買いする前に・・

車は欲しいけれど、買うお金が足りない。こういう人にとって、非常に役に立つのが中古車の存在です。特に最近は、ガリバーのほか、トヨタ系列のティーアップなど中古車買取を専門に扱う企業も増えたので、Gooなど中古車専門誌などとともに、ますます身近な存在となってきたといってもいいと思います。

日本で中古車として売られている車は、世界的にみれば新車も同然として扱われることが多いのだそうです。もともとしっかりした造りであるうえ、日本人は自分の車を自分の家のごとく大事に扱うので、他の国の中古車と比べて価値が高くなるのだそうです。(しかも、中古車専門店がさらにしっかりと整備するのでかなり質のいいものが多い、とのことです。)

そういう中古車が多いだけに買わない手はないわけですが、そうはいっても、中古車を買うためには税金をはじめ、それなりの知識を持って買った方が良いことが多いといえます。

下にそういった情報などを集めてみました。これらを参考によく勉強して、自分に適した車を選ぶことがカーライフをエンジョイするためには重要だと思います。


中古車の情報1
中古車の情報2
中古車の情報3
中古車の情報4
中古車の情報5
中古車の情報6
ラベル:中古車
posted by comparison at 21:53| 情報3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

データ復旧の情報

パソコンが突然壊れた!
携帯電話を水の中に落としてしまった!

デジタル機器を使っていれば、こういう経験をしたことのある人はたくさんいると思います。データのバックアップをしっかりとっていれば、別のパソコンや携帯電話に、とりあえず、バックアップのデータを移して、作業を継続することができますが、バックアップを取っていなかったら、さあ大変!

顔面蒼白で、なんとかならないのか!?と慌てふためくことになります。

しかし、こういう場合、自分でデータの復元や修復することはほとんどできないようです。デジタル機器はますます高性能になっていますが、その分、些細な衝撃で壊れやすくなっています。特にハードディスクは高速で回転している上、読み込みの機械とディスクの間が髪の毛一本の間もないだけに、一度破壊されると早々簡単には修復できないようです。

OSなどソフトの部分が壊れただけなら復元ソフトなどを使って修復することもできたりしますが、物理的に壊れると専門の業者に依頼してデータを取り出してもらうしかないとのこと。最近は、低価格で行ってくれる会社もありますが、それでも数万円〜数十万円単位でお金がかかってくるようです。

下の情報などを参考にしながら、どの方法でデータを取り出すのが良いのか、勉強してください。ただ、こういうことが起こらないようにするためにも、普段からバックアップはこまめに行っておくことが重要だといえそうです。


データ復旧の情報3
データ復旧の情報6
データ復旧の情報7
データ復旧の情報26
データ復旧の情報34
ラベル:データ復旧
posted by comparison at 21:52| 情報3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資信託の情報

投資信託に今、熱い注目が集まっています。特に団塊の世代が定年を迎えて大量退職を始めるため、退職金などの大きなお金が老後の人生設計のために、投信信託に振り向けられることが急激に増えているとのことです。

しかし、ご存知のように、日本で売られている投信信託の多くは世界トップクラスの運用成績をあげている投資信託をAクラスとすると、D・Eクラスのかなりレベルの低いものが多いと言われています。しかも、管理手数料だけでなく販売手数料をとるタイプのものも多く、金融機関にとってだけ都合がよく、投資した人にとっては全く役に立たないものが少なくないのが実情だと言われています。

つまり、「投資はプロに任せてください」という文言もほとんどの場合は、「投資初心者のあなた達は騙されて、私達にどんどん貢いで下さい。」となっていることが少なくない、ということです。

それを避けるためには、株式投資や不動産投資と同様に、投資信託に関してもしっかり勉強する必要があるでしょう。さもないと、資産を増やすどころか、大幅に目減りすることになってしまうかもしれません。

また最近は、日本だけでなく、新興国を対象にした投資信託も増えています。BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)のほか、ベトナムやフィリピン、オーストラリア、南アフリカ、インドネシア、トルコ、アルゼンチンといった成長著しい国々を対象にした投資信託が増えていますが、こういったファンドはリターンが大きい変わりに、リスクも高いのでより注意深く選ぶ必要があります。

また、急にお金が必要になって投資信託をお金に変える場合にも、買取請求にするか解約請求にするかで税金面などに差が生じるなど、制度的な面でも知っておかなくてはならないこともあります。

上場投資信託(ETF)とか、不動産投資信託(REIT)とか、エコファンドのようなテーマ別の投資信託とか、外国債券型投信だとか、投資信託にもいろいろありますが、下の情報などを参考によく勉強して、投資信託についてはよく知っておく必要があることだけは間違いないといえるでしょう。


投資信託の情報
投資信託の情報1
投資信託の情報10
投資信託の情報13
投資信託の情報17
投資信託の情報21
投資信託の情報47

ラベル:投資信託
posted by comparison at 21:50| 情報3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。